”ゴルフ仲間に、そして会社のコンペでも
馬鹿にされ続けていた”ダメゴルファー”が
わずか28分の練習でドライバー飛距離を
37ヤードヤードアップさせてしまった
93.8%のゴルファーが気づいていない
シンプルだけ恐ろしく効果のある
”ある”ゴルフ上達法とは…?


ゴルフがヘタならやめろ!

■■■■   ゴルフの常識とは   ■■■■





■ ゴルフは骨を使った直線運動上達法 ■ 



なんだそれ、とあなたは思ったことでしょう。 



ゴルフは円運動、回転運動。 



どのレッスン書にもそう書いてあるし、レッスンプロも皆そう言
っている。 
 
それが常識だと、あなたも思っていましたよね。

常識のことをしているはずなのに。 何で常識のことをしてい
るのに上手くならないの?

レッスンプロはその道の専門家ですよね。 何で専門家に常
識を教えてもらっているのに上手くならないのでしょうか。

 

回転運動がゴルフの常識のはずなのに、あまりにも何年もや
っているのに上手くならない人が多すぎませんか。

あきらかに他のスポーツに比べ、何年もやっているのに上手
くならない比率が高すぎます。

止まっているボールを打つだけですよ。

こんな簡単なスポーツ他にないですよね。

こんなに、ないないずくしで出来るスポーツは他にないです。
なんと、他のスポーツでは欠かせない能力が必要ないのです。


野球、テニス、スキー、卓球、サッカー、走る、飛ぶ等々、どの
スポーツにも欠かせない能力があります。


■  強じんな肉体。

■ 優れた運動神経。

■ 優れた反射神経。

■ 優れた動体視力。


ゴルフにはみ〜んないらないのです。

これらの優れた能力を持った他のスポーツ経験者がゴルフを
しても、なかなか上手くならない。

何年もやっているのに上手くならない。

不思議ですよね。 上手くなって当たり前なのに。


あなたに回転運動の「 大うそ  」を無料で公開しますので
、あなたのゴルフ人生に役立ててください。

日本のゴルフ関係者のタブーにも触れますが、クレームは一
切受け付けません。

回転運動上達法に「 うそ 」が無いのなら、あなたは今、何
の悩みもないはずです。

結果は、あなたが自分自身で立証しているとうりです。

これから今まで誰も言わなかったことばかり話します。


 新しい世界に一歩踏み出すのです。




呆れるほどぶっ飛んでしまう
骨を使った直線運動上達法!!
ゴルフ上達法革命とは !!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。