”ゴルフ仲間に、そして会社のコンペでも
馬鹿にされ続けていた”ダメゴルファー”が
わずか28分の練習でドライバー飛距離を
37ヤードヤードアップさせてしまった
93.8%のゴルファーが気づいていない
シンプルだけ恐ろしく効果のある
”ある”ゴルフ上達法とは…?


ゴルフは練習するな!

■■■■■   美しいスイングとは   ■■■■■




ゴルフスイングは、ベン、ホ○ガンを始めとして、欧米人型
のスイングが基になっています。


美しいですね。  品があります。


それに比べ、日本人型のスイングはどうでしょう。


美しいでしょうか?  品があるでしょうか?


手打ちのように打ったり。 肘を張って打ったり。 腹を突き出
して打ったり、誰だかわかりますよね。 まだまだ、たくさんい
ます。 このプロ達もなりたくてこの変なスイングになったので
はないのです。


いわゆる、職人わざ的な、特殊な、変則的なうち方なのです。
そのスイングの後継者はいるでしょうか。  誰も真似できませ
ん。

日本人はオーソドックスなことを身に付けることが、苦手なよ
うです。 すぐ変則的になります。



思い浮べてみてください。 日本人の有名プロのスイングを。
私には稚拙なスイングにしか見えません。

とても自分のスイングにしたいとは思いません。

上手い人は人の手本になるような、美しいスイングであって
ほしいものです。  プロであればなおさらです。
スイングはその人の人間性をも、あらわにするからです。

変なスイングを平気でしている神経。

スイングは内面を映し出す鏡なのです。
よく変なスイングだけど、ハンデは低い人っていますよね。

変なスイングだろうと、 スコアが良ければいいとゆう態度の
人。

あなたも他の人から、変なスイングをしているなと思われたく
ないですよね。
あなたの美意識はそんなの望みますか。


あなたもそんなの嫌ですよね!!


よい感性を持っていれば変なスイングにはならないのです。





呆れるほどぶっ飛んでしまう
骨を使った直線運動上達法!!
ゴルフ上達法革命とは !!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。