”ゴルフ仲間に、そして会社のコンペでも
馬鹿にされ続けていた”ダメゴルファー”が
わずか28分の練習でドライバー飛距離を
37ヤードヤードアップさせてしまった
93.8%のゴルファーが気づいていない
シンプルだけ恐ろしく効果のある
”ある”ゴルフ上達法とは…?


スポーツではなく遊び。

■■■■■■   自己紹介   ■■■■■■




遅くなりました、 私は柳原博志と申します。 簡単な自己紹
介をいたします。 私も、あなたと同じ様に、簡単な気持ちで
ゴルフをはじめました。

こんなにゴルフに魅入られるとは、思ってもいませんでした。

その理由は簡単です。 特別な身体能力がなくても対等に、
同じ条件で楽しんだり、競ったりできるからです。

止まっているボールを打つ。 おじさんでも出来るような簡単
な遊び、スポーツではなく遊び。
そんな感覚で、はじめました。 あなたも同じですよね。
最初は。

なにしろ止まっているボールを、打つだけのことですから。


ゴルフがうまくなるにしたがって、今まで話したように、他の人
と異質なレベルの差を感じてきたのです。

性格的に物事を色んな方向から見るのが習性になっているた
め、スイング写真を見ても他の人より色々気づいてしまうこと
が多いいようです。

他の人が気づいていないことに、気づいている。

他の人が見えていないことが、見えている。

これは強力なアドバンテージです。

いくつかのスポーツをしてきましたが、いつも、強じんな肉体
の前に、打ち負かせられてきたのです。

センスは人に負けない物をもっている。  それは感じていま
した。

しかし、いつも強じんな肉体が、立ちふさがったのです。

しかし、そんな物がいらない、世界があったのです。

初めて、自分の才能を生かす、世界があったのです。


ゴルフに夢中になりました。

時間がたつにつれ、プロになりたいと思うようになりました。

しかし、ここでまた大きな壁が立ちふさがったのです。


日本のプロゴルフ界です。

大学のゴルフ部出身でなければだめである。
研修生でなければだめである。
だめ だめ だめ・・・・

さらに決定的なのは、年齢制限でした。

あきらめるしかないのか。

しかし、海の向こうに、自由の大地があったのです。

自由の国、アメリカ。   USPGA

日本のプロゴルフ界のように、閉鎖的ではないのです。

しかし、お金がかかるのです。 仕事も替えました。
アメリカに行っている間だけ、休める仕事はないか。
さがしたら、あったのです。  一歩すすめました。


このマニュアルを出そうと思った、理由をお話します。

本来なら将来アメリカで成功したら、いずれ出版したいと思っ
ていた、ゴルフ上達法です。

有名になったら、与える影響力も大きい。

それが、こうゆう無名の人間でも、発表することができる、場
所があることを知ったのです。

何年後かに、出されるはずだった、ゴルフ上達法です。




呆れるほどぶっ飛んでしまう
骨を使った直線運動上達法!!
ゴルフ上達法革命とは !!




■■■■   回転運動の大うそとは   ■■■■



直線運動のスイングを話す時は、回転運動上達法の大うそ
についても触れなければなりません。


回転運動のインパクトゾーンが、点であるのに対し、
 
直線運動のインパクトゾーンは、線であるとゆうことです。
ここが一番大きな違いです。

実際のインパクトゾーンはかなり長いです。

30センチ以上はあります。

それだけ許容範囲が広いのです。   

ミスを許す寛容さがあるのです。


回転運動のように、タイミングが少しずれただけで、ミスにな
ることがないのです。

直線のなかにインパクトポイントが、たまたまあるのです。

インパクトポイントは、単なる通過点にすぎないのです。
 
これはパターも同じです。 ヒッティングではなくスルーです。


回転運動のインパクトポイントが、 身体の正面にあるのに対


直線運動のインパクトポイントは、身体の左側にあります。
 
身体が勝手に身体の左側に、インパクトポイントを作るのです。

身体の左側にインパクトポイントがあることは、ゴルフスイング
の絶対条件です。  これはどのようなスイング理論であろうと
来永劫不変です。

これは絶対忘れないで下さい。 あらゆるミスはこれが出来な
いために発生するのです。

ホロースルーの途中にインパクトがある感じです。
回転運動のように点でたたくのではなく、後ろから押していく
のです。

誤解される方がいるといけないので説明しますが、後ろから
押して行くとゆうと、ゴルフを始めた頃にありがちな、スライス
を嫌ってヘッドを押していく、いわゆる「あおる」のとは違いま
す。  インパクトゾーンが長いので、結果として押していくの
です。

後ろから押していくため、ヘッドがボールを押しつぶしたまま
、密着しているのです。 長く接触しているのです。









だから呆れるほど

ぶっ飛んでしまうのです



曲がる要因がないのです。


身体の左側に、インパクトポイントがあるため、自然に頭が右
に残り、ヘッドアップしないのです。

インパクトポイントの右側に頭があるため、ボールを押してい
けるのです。

この長いインパクトゾーンを実現するための道具が、直線運
動なのです。

パターからドライバーまで、まったく同じ直線運動です。


回転運動している人は、身体の正面にあるインパクトポイン
トが終着点になっています。 それがあの合わせに行くスイ
ングです。

点で合わせに行くのです。 タイミングが少しずれただけで、
ミスになる。

少し遅れればこすり球になり、あのスライスになる。

少し早ければ、左へサヨナラです。

右へ左へ、なんて難しいスイングでしょう。 回転運動は。  

  まさにあなたのスイングですね。


後ろから押してください。  タイミングのずれなど関係あり
ません。

スイングが簡単になります。



回転運動はもともとインパクト後に、 ホロースルーがないの
です。

身体が回転しているため、インパクト後すぐ左肘が左に動い
てしまうため左肘の引けた腹きりスイングになるのです。
そのため左肘が自然とたためないのです。

プロは身体の左側に、インパクトポイントを作ることができる
ため、インパクトポイントが点より少し線になるのです。
それでも、直線運動には遠く及びませんが。


そのため、 ホロースルーが 回転運動にもかかわらず、発
生するのです。

一瞬左肘が止まっていないといけないのです。

よく言われている左サイドの壁です。

インパクトポイントが身体の左側にあり、頭が右側にあれば
自然と左サイドの壁は出来るのです。


インパクト後に左肘が止まることによって、右手、右腕、右サ
イドが左肘を追い越して行くのです。
左肘が流れてはいけないのです。

右手、右腕、右サイドが左肘を動かしていくのです。
 
そうすると左肘が自然とたたまれるのです。

プロのように身体の左側に、インパクトポイントを作ることがで
きないと、左肘を止めることができないのです。

左肘が止まることによって、いわゆる、 ヘッドが走るとゆう現
象が起きます。 さらにスイングスピードが上がるのです。

絶対忘れないで下さい。 身体の左側にインパクトポイントが
あることを。

直線運動は一瞬止まっている時があるのです。


これが  あること  を生み出すのです。  


回転運動は最初から最後まで、スムーズに動きすぎるのです。

直線運動は意識せずに、身体が勝手にこれらのことをするの
です。

ほとんどの人がパターも、小さな回転運動で打っています。

それが頭を動かしながら、チョコンと右手で打っていく、あのい
わゆる「おじさんパッティング」です。

プロも年をとってくると、この「おじさんパッティング」をする人が
います。 あの有名プロも最近頭を動かしながら、チョコンと右
手で打っていく、「おじさんパッティング」をしています。




呆れるほどぶっ飛んでしまう
骨を使った直線運動上達法!!
ゴルフ上達法革命とは !!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。